薬膳と10ZENのこだわり素 材

「薬膳」なんとなく複雑で取りつきにくいイメージはありませんか?
「陰陽五行」「血気水」「身土不二」「一物全体」「似類補類」など耳馴染みの無い言葉も多く、素材や食材の薬効だの何だの・・・
難しそうなイメージはいなめません。
確かに、薬膳は東洋医学の考え方を中心とした食事法なので複雑な側面も持ち合わせています。東洋医学では、臓器や組織等を独立した器官とはとらえず、身体全体が密接に関係性のある生命の一部と考えます。
薬膳-食べものが持つ役割を理解し美味しく組み合わせ、健康で美しい無病の身体をつくりあげる
この器官同士のバランスが崩れると体調不良や肌荒れ等の症状となって現れると考えるのです。そのバランスを食事の面から整え、免疫力や自然治癒力を高めていくのが「薬膳」という食事法なのです。
しかし、薬膳の本質は「自然の法則を大切にした正しく美味しい食生活」です。
健康的な食事法として基本を守っていれば、そう難しい事もありません。
体調や目的に合わせ、季節の旬の食材をバランスよく食事に取り込んでいく
…そんな食事法なのです。
とはいえ、基本的な言葉と考え方を知っていれば色々と役立つ事も多いので幾つか紹介します。

基本1-陰陽と五行説

五行説の五は、自然の変化や環境を「木・火・土・金・水」の五つに分類してとらえたもので、「行」はお互いが関係していることを意味します。

木をこすり合わせれば火が生まれ、火が燃え尽きると土となり、土の中には金脈があり、金脈の中には地下水が生じ、水は木を育てる。
逆に木は土から栄養分を奪い、土は水をせき止め、水は火を消し、火は金を溶かし、金属は木を切り倒す。
このような自然の摂理は、木=肝、火=心、土=脾、金=肺、水は腎、というように、そのまま人の体に置き換えて考えることができるのです。

自然の摂理と体の関係を説いたこの五行説は自然の法則を大切にしている薬膳にとって大きな基礎になっています。
五行説で体質をチェックすることで、どのような薬膳が必要かがわかるのです!
効能別のレシピをブログにいくつか更新しますので是非合わせてご覧ください♪

基本3-身土不二(しんどふじ)

春夏秋冬、四季折々変化にとんだ日本の作物や食材…
春には菜の花や筍、夏にはナスやキュウリ、
秋にはキノコや秋鮭…
多様な旬の食材も、現在では輸入やハウス栽培・養殖で一年中食べられる ようになりました。
しかし旬の食材は、美味しさも栄養価も別格です。
春夏には体をクールダウンしてくれる葉物や果物、 秋冬には体を温めてくれる根菜類…
長い歴史の中で、人の健康や体質は、常に自然のサイクルと深くリンクしています。
日本で生まれ育った私たちには、旬の食材それも地元でとれる作物や魚介が、美しく
健やかな心身作りに一番あっている…
それが「身土不二」という考えなのです。

基本4-五味五性

五行説と関連して食物の味や性質を効能と特質を
五つに分類したのが「五味五性」。
「五味」は肝(酸っぱい味)、心(苦い味)、脾(甘い味)、肺(辛い味)、腎(塩辛い味) といった風に、味がそれぞれの体の部位に作用しています。
「五性」は熱・温・平・涼・寒などの食材の特性の分類で、寒さを感じる秋冬には熱性や温性の食材(根菜類や肉類)を、 逆に体に熱がこもる春夏には涼性や寒性の食材(葉物や果物)を多く食べる…といった季節と食材の特性を考慮した考え方です。
食材の持つ味や特性を知ることで自分の体調をコントロールする食事方法…
「五味五性」はそんな考え方なのです。


基本2-一物全体

ひとつのもの(一物)を余さず(全体)食べる。
食べ物となる野菜や動物…その命を頂く食事。
命(食べ物)には無駄なものは一つもなく、健康にも美容にも 必要なすべてが詰まっています。
野菜は出来るだけ皮や葉っぱも使い切る。小魚は骨まで丸ごと食べる。
命を無駄なく頂く、エコで愛にあふれた食事方法…それが「一物全体」です。



例えば、冷え性で胃腸の弱い女性(女性は東洋医学的には陰性の生命で、冷えも陰性の症状)は、陽性の根菜類(地下になる食材は陽性の物が多い)を多く食べたほうが良いので、根菜(身土不二)のスープ(温かい食べ物は陽性)がオススメです。

栄養価の多い皮等はスープの出汁に使い(一物全体)、味は野菜の甘みを活かした薄味(五味五性 ショッパイ味は脾胃を弱める)がオススメです。
といった具合に、目的(日々を健康に…胃腸のケアをしたい…ダイエットしたい…等)と体質に合った食事法も基本を理解していれば、様々な食材と料理をお楽しみ頂けるかと思います。

よくある質問

薬膳と聞くと美味しくなさそうなイメージがありますが、
実際のところ味はどうでしょうか?

よく聞かれる質問ですが、私たちは常に「美味しい+健康」は1つでないといけないと考えています。実際にレストランでは「薬膳のイメージが変わった」「美味しい」などたくさんの声を頂いております。また食べログ“品川エリア”で1位を頂いているのもお客様の評価だと認識しております。
————————————————————

食べるとすぐ実感できるのでしょうか??

通常のスープに比べると身体の温まりは圧倒的に違います。次の日の目覚めが良い、便通が良かったなど人によって様々です。ただし、漢方の考えは「すぐ効く」即効性よりも続けて身体の基礎を変える事が大切だと考えますので、焦らず確実に続けて頂けたらと思います。

————————————————————

サプリメントを飲んでいるのですが、大丈夫でしょうか?

薬膳スープは薬ではなく食品ですので、問題はありません。
(アレルギーの方は内容成分をご確認下さい)

————————————————————
—————————————————————-
10ZEN